企業分析、販売政策立案から論文作成まで、ビジネス・学術研究を
支援する東洋経済のデータベースサービス

03-3246-5580
営業時間:平日 9:30-18:00

日本語 English

購入お問い合わせ

地域経済データ

データ紹介地域経済データ

Data Introduction

選ばれる理由

REASON

全自治体をカバー

1,718自治体

全国988市区、928町村の情報を収録しています

わかりやすい収録形態

標準化されたデータ

発表形態が様々な統計情報を標準化しています

使いやすいソフト

簡単な操作で楽々

操作が簡単なソフトでデータダウンロードがスムーズです

過去分充実

15年分

1枚に15年分の情報を収録しているため、長期時系列分析が可能です

複数台での利用

5IDまで

1枚ご購入で5IDまでご利用可能

常に最新の統計を

経済センサス

経済センサスを収録するなど、最新の統計の追加は欠かせません

主な利用シーン

SCENE
リサーチ
自治体の実勢調査
自治体分析
自治体間の比較、分析
マーケティング
販促・新規出店のエリアマーケティング
アカデミック
時系列でエリア分析

ユーザー分布

USER DISTRIBUTION
業種別
業種別

編集の現場から

COMMENT
有数の統計情報が集合!

地域経済総覧、地域経済データに掲載されている主な統計資料は、国勢調査、住民基本台帳要覧、経済センサス、工業統計、商業統計等です。
自動車保有台数データや都市計画年報のように業界団体等からデータを購入してメンテナンスするものもあります。
対象となる統計の種類が多いため、それぞれの資料に収録されているデータの件数が多く、毎年発表されるデータもあれば、隔年、3年おき、5年おきなどサイクルも様々なためメンテナンスとチェックに時間をかけています。
統計によって体裁が異なるため、それらを加工して標準化する作業が非常に重要で大切な工程となります。

高評価の合併処理

「国勢調査」や「住民基本台帳人口要覧」等の人口データは、お客様にもっともよく利用されているデータです。
「住民基本台帳人口要覧」の人口データは、総人口だけでなく、年齢別人口、男女別人口、世帯数、出生者数、死亡者数、転入・転出者数などが、「国勢調査」は配偶関係別人口、職業別就業者数、産業別就業者数、家族類型別の一般世帯数など、また地域経済総覧の府県編では将来推計人口など、多岐にわたる人口データを収録しています。 また、「地域経済総覧」、「地域経済データ」に掲載しているデータは基本的に合併処理を施しているところがポイントです。
市町村合併等で市町村の規模が変わってしまう場合でも、合併処理をしているので、最新データと過去データを時系列で比較・分析することが可能です。

編集部よりひとこと

世の中には色々な統計があり、まだ収録できていない統計がたくさんあります。
例えば、市区町村別の統計は数に限りがありますが、都道府県別の統計であれば、市区町村別に比べより多くの分野で豊富なデータが開示されているため、今後の収録を検討していきたいと思っています。気象に関する地域別データ(平均気温、湿度、年間降水量、日照時間、晴天率(年間快晴日数)など)も視野に入れています。

関連刊行物
Related Issue
地域経済総覧

『地域経済総覧』
定価:12,960円(税込)

都市データパック

『都市データパック』
定価:6,480円(税込)

お申し込み・お問い合わせはこちらまで

CLICK
東洋経済新報社Copyright © Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.