企業分析、販売政策立案から論文作成まで、ビジネス・学術研究を
支援する東洋経済のデータベースサービス

03-3246-5580
営業時間:平日 9:30-18:00

日本語 English

購入お問い合わせ

大型小売店データ

データ紹介大型小売店データ

Data Introduction

大型小売店立地法届出書の情報をカバー

新設予定の大型小売店がわかる

都道府県に提出される大型小売店立地法届出書の情報を元に新設予定の情報を収録しています

選ばれる理由

REASONS

独自調査項目

立地情報がわかる

お客様のニーズが高い「立地区分」。大型小売店施設がどのような立地にあるのかその手がかりとなる項目です

経度緯度情報

世界測地系と日本測地系を選択可能

国際航業株式会社の各種番地号ポイントデータを採用。完全一致フラグや付与レベルも収録

高い更新頻度

年に3回

4月・8月・12月に発売しています。ご購入タイミングに近いデータを提供します

都道府県・地方単位で購入可能

40,000円から

必要なエリアのみの購入が可能です

主な利用シーン

SCENE
マーケティング
競合の出店状況把握
リサーチ
大型小売店周辺の道路・交通の分析
営業
大型小売店に対して施設内の設備やサービスの営業
アカデミック
大型小売店施設絵の出店退店分析と街づくり、高齢化社会における買い物事情の分析と予測
店舗開発
出店・退店の戦略立案

ユーザー分布

USER DISTRIBUTION
業種別
業種別

編集の現場から

COMMENT
大型小売店データはこうしてつくられる

大型小売店データは各都道府県(政令指定都市等)に提出のあった「大規模小売店舗」に関する届出情報がベースとなります。
毎月公表されるこれらの届出情報は、「新規開店」情報と「変更」情報に区分されますが、「新規開店」情報を漏れなく確認し、データベースに入力します。
この段階でデータベースの個別施設に関する情報はほぼ出来上がりますが、ここからが本当の勝負です。
公表される情報は法令で定められた項目しかないため、それ以外は当該企業・店舗等に関する公開情報やホームページ、地元行政等が発表する情報などから捕捉していきます。
大型ショッピングセンターの場合は多数のテナントが入居しているため、店舗面積等などを判断基準にして主要テナントをピックアップし、付帯情報としてテナントの個別情報を登録します。また「訂正」情報がある場合は、当該情報を確認したうえで、すでに登録のあるデータベース情報を更新します。
「閉店」情報、主要なテナントの入れ替えについてなど情報の更新についても、特段の法的な定めがないため、データベースのリストをもとに、定期的に企業の店舗一覧情報やリリース、ホームページ等を巡回、地元新聞社などのニュースや、商業施設の開閉店の動向について関心の高い地元の人のブログやツイッターなども情報源として活用するなど、情報収集の幅を広げる工夫をしながらデータをつくっています。

大型小売店の立地を「立地区分」でチェック

施設ファイルの項目の中に「立地区分」が含まれています。この項目は、当社独自の調査項目で、法律に基づいて公表される項目ではなく、施設1つ1つの立地を、編集部が地図や『グーグルストリートビュー』などから判断したものです。
さらにこのうち「ターミナル型」や「駅前・駅近辺型」に分類される施設については最寄駅の情報が、「幹線道路型」に分類される施設については、国道のナンバーあるいは主要地方道の名称などが付記されており、周辺環境の情報まで包含しています。
たとえば、この立地情報と開店年月情報を組み合わせることにより、年代による小売業の新規立地特性を分析したり、立地によるテナントの特性などを調査することも可能です。

編集部よりひとこと

全国の2万店を超える大型商業施設の情報を、百貨店からスーパー、ホームセンターからドラッグストアまで、業態の垣根を越えて1つに集約された媒体・データベースは他にはないと自負しています。
しかし、まだまだ、地元の人にしか知られていない、ユニークな施設があるでしょう。こうした施設の情報をしっかり把握し、取り上げていければと思っています。
こうした隠れた名店を読者・ユーザーの皆さんに知っていただくことで、微力ながら地域の活性化、地方創生にも貢献できれば意義あることだと感じています。

関連刊行物
Related Issue
大型小売店総覧

『大型小売店総覧』
定価:32,400円(税込)

地域経済総覧

『地域経済総覧』
定価:12,960円(税込)

お申し込み・お問い合わせはこちらまで

CLICK
東洋経済新報社Copyright © Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.