企業分析、販売政策立案から論文作成まで、ビジネス・学術研究を
支援する東洋経済のデータベースサービス

03-3246-5580
営業時間:平日 9:30-18:00

日本語 English

購入お問い合わせ

関係会社データ

データ紹介関係会社データ

Data Introduction

選ばれる理由

REASON

上場企業の子会社情報

30,000社

上場企業の連結実施会社、持分法適用会社を約30,000社収録

独自調査

持株比率

各子会社への持株比率がわかるので、グループ間把握に最適

関係会社把握

インサイダーチェックに

親子関係がひと目でわかるのでインサイダーチェックに利用できます

高い更新頻度

3ヶ月毎の更新

年に1度のアンケート調査+3ヶ月毎にメンテナンスを実施

豊富な商品ラインアップ

2つから選択可能

通常版、ダイジェスト版をご用意。目的に合わせてお選びください

リーズナブルな価格

1社あたり16円から

1名利用で50万円~ご用意しています

主な利用シーン

SCENE
マーケティング
企業グループ間の関係性の把握に
顧客管理
取引先のグループ管理
顧客管理
インサイダーチェック
営業
営業リストとして活用
サイト掲載
上場企業のキーワード登録に
アカデミック
企業グループの研究

ユーザー分布

USER DISTRIBUTION
商品別
商品別
業種別
業種別

編集の現場から

COMMENT
公表情報とアンケート

関係会社データは、企業への独自アンケート調査と公表資料からの情報収集との合わせ技、といえます。
対象企業からの回答率は約80%で、それに加えて回答がない項目や非回答企業については有価証券報告書や会社のホームページ等から情報を捕捉し、収録しています。
また、官報による合併や解散の情報、場合によっては、登記簿により住所、設立日などを確認しています。有価証券報告書の「関係会社の状況」は、主要なグループ企業のみで住所も一部だけと、情報としてはどうしても不十分です。同データは、グループ企業を全体的に把握できるデータとして最も有効なデータのひとつといえるでしょう。
ただ、調査企業のなかには出資比率の低い持分法適用会社は掲載したくない、というケースがあることも現実です。協力いただく企業には、丁寧に説明をしてなるべく多くのグループ会社の収録に努めています。独自調査と公表資料をあわせた編集データを提供できる会社は、東洋経済しかありません。

年々精度がアップ

関係会社データは、もともと年1回更新の商品でした。しかし、2010年からは証券取引所の適時開示情報をもとに、年3回の更新データの作成をスタートし、2月・5月・8月・11月の年4回のデータ更新および配信が商品ラインナップに加わりました。
データの鮮度が上がると同時に、3ヵ月ごとの更新でアップデートされた情報を次年度の調査表に反映することで、データ精度も向上させています。

関連刊行物
Related Issue
日本の企業グループ

『日本の企業グループ』
定価:20,520円(税込)

会社四季報未上場会社版

『会社四季報未上場会社版』
定価:2,780円(税込)

お申し込み・お問い合わせはこちらまで

CLICK
東洋経済新報社Copyright © Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.