企業分析、販売政策立案から論文作成まで、ビジネス・学術研究を
支援する東洋経済のデータベースサービス

03-3246-5580
営業時間:平日 9:30-18:00

日本語 English

購入お問い合わせ

株主優待データ

データ紹介株主優待データ

Data Introduction

選ばれる理由

REASON

全上場企業をカバー

独自調査

全上場企業の株主優待情報をカバーしています

豊富なデータ

22のカテゴリー

優待内容を22のカテゴリーに分けて収録しています

様々な優待情報

優先株・長期株主向け

通常の優待に加え優先株優待、長期保有株主向け優待、単発実施優待なども収録

サイト利用に最適

画像データ

優待内容の画像データも提供可能です

高い更新頻度

毎月更新

3ヶ月に1度の独自調査と開示情報からの更新を実施しています

リーズナブルな価格

月々13万円から

他社サービスに比べて導入しやすい価格

主な利用シーン

SCENE
リサーチ
日本株投資に関する分析
リサーチ
他社の株主優待実施状況把握
サイト掲載
証券会社のトレードサイトに掲載
アカデミック
優待実施企業の時系列分析

ユーザー分布

USER DISTRIBUTION
商品別
商品別
業種別
業種別

編集の現場から

COMMENT
増え続ける優待実施企業

株主優待データは、四半期提供版と月次提供版の2種類があります。四半期提供版では、年4回調査表を発送して独自調査した結果を『会社四季報』誌面やデータで提供しています。
四半期提供版では株主優待を実施している会社への調査結果に基づき、内容を精査して更新しています。株主優待の具体的な内容に加え、その内容がひと目で分かる画像や株主優待を紹介する各社WEBサイトのURLも四半期に一度収集しています。
月次提供版では、四半期更新版のデータをベースに、会社が日々発表する開示情報を基に、更新しています。例えば、株主優待の内容の変更や新たに優待制度を始める会社、あるいは逆に制度を廃止する会社などの情報を更新しています。
株主優待を行う会社は年々増加傾向にあります。3カ月ごとに収録会社数は増加の一途を辿り、この1年間でみても100社ほど増加しているため、その対応に苦労しています。多くの会社が優待の開始や廃止、内容変更等をリリースにて発表しますが、中には自社ホームページでのみ開示していたり、有価証券報告書にのみ記載する会社もあります。そのため編集部で見落としがないか、常にアンテナを張り巡らせて確認する必要があります。さらに、「お金」が絡むデータですので、優待内容の説明文章は一言一句、細部に至るところまで注目されており、優待内容を過不足なく正確にまとめ上げることが求められます。また、投資家にストレートに響くように、さらりと読んだだけで優待の内容が理解できる表現を心掛けています。

編集部よりひとこと

会社と株主とのパイプ役に
株主優待データを制作することで、会社と株主を結び付ける重要な役目を今後も果たしていきたいと思っています。最近の新たな動きとしては、ここ1年ほどで株式の継続保有期間を条件にした株主優待を実施する会社が増えています。年1回の本決算期末での権利確定であっても、年2回、本決算だけでなく第2四半期決算期末において株主名簿に記載されていることを条件とする会社もあります。継続保有を条件とする会社は株主優待を実施する会社の4社に1社にまで増えてきています。そのような最新の状況等も踏まえ、今後も分かりやすいデータを提供できるよう工夫を重ねていきます。

関連刊行物
Related Issue
会社四季報

『会社四季報』
定価:2,060円(税込)

会社四季報プロ500

『会社四季報プロ500』
定価:1,000円(税込)

お申し込み・お問い合わせはこちらまで

CLICK
東洋経済新報社Copyright © Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.