企業分析、販売政策立案から論文作成まで、ビジネス・学術研究を
支援する東洋経済のデータベースサービス

03-3246-5580
営業時間:平日 9:30-18:00

日本語 English

購入お問い合わせ

大株主データ

データ紹介大株主データ

Data Introduction

選ばれる理由

REASON

全上場企業をカバー

有報より早い

独自調査を実施。有価証券報告書よりも早いタイミングで提供ができます

豊富なデータ

最大30位まで

有価証券報告書よりも多い30位まで。外国人持株比率、特定株比率など指標も充実

各株主の名寄せを実施

便利な株主コード

各株主にコードを付番、名寄せをしているため集計が容易。時系列での分析にも便利です

高い更新頻度

毎月更新

更新頻度は月次、四半期、スポット(1回限り)から選べます

過去分充実

1985年から

約30年分のデータがあるため過去分の分析が可能です

豊富な商品ラインアップ

3つから選択可能

30位版、インサイダー版、有報版の3種類をご用意。目的に合わせてお選びください

主な利用シーン

SCENE
顧客管理
証券会社の売買管理(インサイダーチェック)
リサーチ
ファイナンス提案資料作成
投資分析
クオンツ分析
アカデミック
株主動向研究

ユーザー分布

USER DISTRIBUTION
商品別
商品別
業種別
業種別

編集の現場から

COMMENT
独自アンケートによるデータ収集

大株主調査は独自アンケートを全上場企業に発送し、データを収集しています。日々、まずご回答をいただく、ということに力を注いでデータをつくっています。
大株主の調査表には1~30位までの株主名、住所、指標項目をご記入いただきますので、各社ご担当の方にはご負担なのですが、
広く活用されている貴重なデータであり、より多くの情報提供が社会の公益性を高めるということのご理解をお願いして、ご協力いただいています。
また、3月期決算の会社が多いため、その本決算または第二四半期の更新作業を行う5月と11月に、作業が集中し非常にハードですが、多くのデータを短期間にいかに滞りなく処理していくかが、大切なポイントとなります。

有価証券報告書以上の情報

有価証券報告書などの開示資料には掲載されない項目が、この大株主調査独自の貴重な情報となります。株主は30位まで、株主名、株数、住所を調査しており、調査表で回答のあった内容を収録しています。
また、有価証券報告書よりも早いタイミングで調査表回答によるデータをご提供しますので、外国人持株比率等、注目指標をチェックできると評価いただいています。

注目を集めるコーポレートガバナンス

長期にわたる継続調査により、過去1985年から30年分以上のデータを蓄積しているため、大株主の変遷や外国人持株比率などの推移を分析していただくことができます。日本の証券市場の大株主を分析するには最適です。
また、2009年より大株主の住所の提供をはじめました。これにより証券会社でインサイダー取引のチェックを目的とした売買管理にご活用いただいています。

最近の大株主の状況として、株主総会で実際に株主提案を行うことが増えてきたことや、コーポレートガバナンスコードの適用により上場企業から対話を求められるようになるなど重要性は高まっています。大株主データを収集することは、コーポレートガバナンスの観点からも社会的に必要不可欠なものになっていると感じております。

関連刊行物
Related Issue
大株主総覧

『大株主総覧』
定価:38,880円(税込)

会社四季報

『会社四季報』
定価:2,060円(税込)

お申し込み・お問い合わせはこちらまで

CLICK
東洋経済新報社Copyright © Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.